本日 8 人 - 昨日 110 人 - 累計 179588 人
  • 記事検索

RSS
専修大学OBの広島東洋カープの黒田博樹さんが23日阪神戦で勝利し、プロ野球日米通算200勝を達成しました。200勝は投手24人目ですが、大卒選手では過去わずか5人、1970年の阪神村山投手以来。日米通算200勝は野茂投手以来。

黒田選手は高校野球では大阪の名門上宮高校の3番手の控え投手であり、甲子園出場の経験はありません。専修大学のセレクションを受け当時の専大野球部の望月監督の高い評価により専大に入学しました。1年目の秋から望月監督は黒田選手を使い続け、本人の努力もあり頭角を現し、東都大学で2部であった専大を3年生の時に2部優勝、入替戦で日大を下し1部に昇格、その原動力となりました。大学時代は神宮球場のスピードガンで初めて大学生で150キロを計測したなどの話もあります。大学時代に伊勢原グランドまで足しげく通った広島のスカウトの熱意もあり、ドラフト2位で広島入り。その後は最多勝、最優秀防御率などのタイトル獲得するなど広島カープのエースとして活躍。さらに米国大リーグではドジャース、ヤンキースの名門球団を渡り歩き、安定感を見せ活躍。一昨年メジャー巨額の年棒を捨て、かつての古巣広島カープに復帰。ストイックな努力家であり、現在41歳になりますが現役の第一線で活躍。今季7勝目。広島カープの優勝に向け、挑み続けています。

それが、専修スピリット。
「前を見つめて、挑み続ける者がいる。未来を信じて、努力を続けるものがいる。専修大学の卒業生は、今日も進んでゆく。社会の中で闘いながら、自分自身の場所をつくるために。一人ひとりの専修スピリットは、明日に続いている。」
「耐雪梅花麗」黒田選手の生き様は同じ専大OBとして大変誇りであります。
toei_kudannshita


7月9日の役員会で写真をとりました。こんな感じで打ち合わせをしております。

DSC_2189

葛飾納涼花火大会に協賛し、校友会葛飾支部の名前入りのうちわが完成しました!

今週の花火大会で2500枚配布されます。

うちわ2  うちわ1  うちわ