本日 6 人 - 昨日 110 人 - 累計 179586 人
  • 記事検索

RSS
専修大学募金局から「募金だより第11号」が届きました。

平成27年4月から令和2年3月末まで行われていました「専修大学創立140周年・石巻専修大学30周年記念事業募金」の報告が掲載されております。


当初の募金目標額には届かなかったものの合計6000件超、10億円超もの寄付が集まったとのことでした。葛飾支部からも約10年間の支部活動で皆様の支援をもって少しづつ積み立ててきました活動資金を一部を昨年の10周年記念支部総会にて、当該募金に寄付をいたしました。
これらの寄付金は、キャンパスの教育施設設備の整備拡充、教育研究の充実、被災学生支援、奨学金制度の充実、国際化の推進、そして学生スポーツ活動の振興に充てられているとのことです。3月に当該募金事業は終了しましたが、引き続き神田新校舎の「多目的ホール・シート募金」「チェア募金」は継続しているそうです。
また、「専修大学箱根駅伝応援募金」「新型コロナウィルス感染症拡大に伴う緊急支援」が継続実施しており、加えて新たに「社会知性(Socio-Intelligence)の開発推進募金」がスタートしました。
更に、コロナ感染拡大で休止になっていた「古本募金」は運営委託先に問合せをしたところ先週24日から再開しています。以下のホームページから申込が可能です。

上記の募金を通じて母校の発展のため引き続き校友の皆様のご支援ご協力を!

 専修大学募金局  専修大学ホームページ 

 古本募金 寄付サイト:https://s.valuebks.info/3gh5SR3  古本募金サイトへ


「7年ぶりの箱根駅伝、予選会10位の専修大に秘策あり?バーチャル駅伝で山下りの神を追う」と題された専大陸上部の駅伝の記事が掲載されています。


NumberWEB