本日 6 人 - 昨日 110 人 - 累計 179586 人
  • 記事検索

RSS
専修大学松戸高校の高校野球甲子園センバツ出場が決定しました。専大松戸高校の甲子園出場は2015年夏以来2度目、センバツは創部62年目で初めてとのことです。専大松戸は日ハムの上沢投手、ソフトバンクの高橋投手が卒業してプロ野球で活躍しており、ご存知の通り千葉県の実力校であり近年は地区予選でも常時上位に食い込んでおりました。そして昨年の秋季大会でベスト4入りし、センバツ出場の決定を期待していたところでありました。
また、葛飾支部にも専大松戸高校卒業の校友が在籍しており、支部総会には毎回、専大松戸高校から理事長や校長、事務長にご参加いただいております。今回の専大松戸高校のセンバツ出場決定を葛飾支部として大変嬉しく感じております。

専大松戸高校の甲子園での初勝利、そして更なる活躍を期待しています!


今回は新春特別座談会の特集です。
葛飾支部の隣の足立支部の支部長で現在校友会副会長の上島嗣男さんの参加された座談会の記事が掲載されております。上島さんは葛飾支部再興における最大の支援者であり、座談会の中で城東城北連合支部の立ち上げと合わせて葛飾支部など近隣の休眠支部の話題に触れていただいております。

箱根駅伝(復路)

2021年01月03日
第97回箱根大学駅伝復路が本日行われました。専大は繰り上げ一斉スタート。鶴見中継所では無念の繰り上げスタートでタスキをつなぐことはできませんでしたが、最終区で専大の意地を見せ、順位を1つ上げ復路は19位。総合では20位となりました。最下位ではありましたが本戦にて白地のSのユニホームで懸命に走る専大の学生の姿を、7年ぶりに見せていただいたことにとても喜びを感じました。選手、監督コーチ、スタッフ、関係者の皆様に感謝いたします。
次回の予選会も厳しい闘いになることが予想されますが、また来年のお正月も伝統の専大の雄姿を見せていただけることを期待しています。

箱根駅伝(往路)

2021年01月02日
第97回箱根駅伝が本日開催され、専修大学は7年ぶりに出場しました。学生選抜を含め21校が出場。結果は創価大学が往路優勝、専修大学は21位最下位でありました。日本テレビでは番組終了直前、5区のゴールまで「白地にS」のユニホームで走る専大野下選手の姿をアップで放映していただき、沿道での観戦ができないなかテレビの前でしっかり応援することができました。明日の往路、選手たちの健闘を期待しています。

新年のご挨拶

2021年01月01日
新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

現在コロナ感染防止のためイベント活動は休止状態が続いておりますが、
コロナ終息次第活動の再開に向け準備を進めていきたいと考えております。

本年も引き続き一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。