本日 6 人 - 昨日 110 人 - 累計 179586 人
  • 記事検索

RSS
本日9月25日、城東城北連合支部総会が神田校舎にて開催されました。
総会に先立ち7号館にて浪曲師の木村勝千代さん、講談師の桃川鶴丸さんによる口演会が行われました。桃川鶴丸さんの演目は現在大河ドラマで話題の真田丸でもお馴染み「真田幸村 ~大阪城入城~」の講談。木村勝千代さんは曲師 水乃金魚さんの三味線に合わせ映画にもなった「学校をつくろ ~専修大学創立者の物語」の浪曲を披露いただきました。(木村さんは平成2年文学部卒、桃川さんは平成4年文学部卒の同窓です)
全体の写真撮影のあと、総会は会場を1号館の報恩の間に移し、事業報告、事業計画、役員体制などが決議され、総勢110名もの参加者で懇親会も盛り上がり、最後は葛飾支部の油谷支部長が中締めを行い、総会は無事に終了いたしました。

全体写真

締め挨拶


専修大学OBの山中慎介さんがWBC世界バンタム級世界タイトル戦で元スーパー王者・アンセルモ・モレノを7ラウンドTKOで下し、11度目の防衛に成功しました。11度目の防衛は国内歴代2位、あの具志堅用高が持つ世界王座連続防衛の日本記録まで、あと2つに迫ってます。

専大OBの黒田博樹投手が在籍する広島カープが25年ぶりリーグ優勝を決めました。黒田投手は勝利投手。
メジャーリーグの巨額のオファーを断り、古巣広島に復帰した男気。42歳の大ベテラン選手として、今シーズンは体調万全でないなか先発投手としてストイックな姿勢でシーズンを通して休むことなく粘投を続けました。チームのために身を粉にし、組織のために尽力。その黒田投手の姿に感化された若手選手が大活躍し、優勝に大きく貢献しました。耐雪梅花麗。
「それが、専大スピリット!」

toei_kudannshita