本日 8 人 - 昨日 110 人 - 累計 179588 人
  • 記事検索

RSS

本日北京五輪スピードスケート男子マススタート決勝が行われ、専大OBの土屋良輔さんが急遽出場し、見事6位となり入賞しました。日本男子としてマススタート初の入賞とのことです。おめでとうございます!




北京五輪、本日のスピードスケート男子500Mで専修大学3年生の森重航さんが34秒49で見事に銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

1984年のカルガリー五輪の黒岩彰さん、1994年のリレハンメル五輪の堀井学さんの銅メダルに続く専大で3人目のスピードスケートのメダリストとなりました。

13日の1000Mも大いに期待しています!!


第24回オリンピック冬季競技大会(北京五輪)が開幕しました。



専修大学からはスピードスケート競技で、現役の専大生の森重航さん(経営3)が男子500m・1000m、専大OBの土屋良輔さん(平29経営)が男子10000mに出場します。

森重選手は500mで国内2人目の33秒台を記録し、土屋選手は男子10000mで自身の国内最高記録を更新し優勝し、前回平昌大会に続く2大会連続、二人とも五輪出場でメダル獲得を狙っています。

また、ノルディックスキー競技で馬場直人さん(令2経営)が出場します。

専大現役OBの3名選手のご活躍を期待しています。


馬場選手は本日6日の夕方、土屋選手は11日(金)、森重選手は12日(土)、18日(木)で出場競技の決勝が行われる予定です。






専修大学校友会葛飾支部は地元の地域貢献のため、地元の高齢者や障がい者、子供など支援ほか様々な福祉活動や社会貢献事業を行っている福祉団体である社会福祉協議会に毎年寄付を行っております。

今年も地元の(社福)葛飾区社会福祉協議会と(社福)三郷市社会福祉協議会に寄付を行いましたので報告いたします。


「社協だより」への掲載については別途ご案内いたいします。











第98回箱根駅伝が1月2日と3日に渡り開催されました。

我が母校は往路の第1区で全体4位という素晴らしい滑り出しでしたが往路19位、復路18位、総合は2年連続20位でありました。この順位としては残念でありますが、選手たちは懸命に走り切り襷を途切れることなく繋ぎ、我々専大OBOGにも元気を与えてくれました。選手や監督、関係者の皆さんお疲れ様でした。

いつの日かシード権争いや上位争いに食い込むこと期待しつつ、まずは3年連続出場を目指してほしいものです。来年は是非とも葛飾支部の有志で沿道で応援したいものです。


↓ 第1区で活躍した木村選手

2022駅伝

 スポーツ報知/報知新聞社 (写真撮影 泉貫太)より転載


↓全区間の結果(専大陸上部Twitterより転載)

2022箱根駅伝









前のページ
次のページ